A certain engineer "COMPLEX"

.NET Core 2.0 PreviewとVisual Studio Codeでコンソールアプリをつくる Linux実行編

Introduction


.NET Core 2.0 PreviewとVisual Studio Codeでコンソールアプリをつくる Linux準備編にて、Portainerを経由し、Dockerで、

  • debianベースの.NET Core 2.0 Preview SDKのImageをPull
  • コンテナの作成

を実行しました。
今回は.NET Coreでソースのビルドと実行を行います。

コンソールに接続


Portainerで前回作成したコンテナの詳細画面に遷移します。
Container StatusConsoleというリンクがあるのでクリックします。
そうすると、Container consoleという画面に遷移します。

ここで、ペンギンアイコンのコンボボックスを開くと、/bin/sh/bin/bashを選べます。
今回は/bin/bashを選んで、Connectをクリックすると、黒い背景のコンソールが出現します。

ここで、ls -laと入力してEnterキーを叩きます。

きちんとコンテナ内につながっているようです。Portainer経由でコンテナに接続もできます。凄い。

次に、cd home/Projectsと叩きます。
コンテナ作成時にマッピングしたディレクトリです。きちんと移動したことがわかります。

dotnet


コンテナに繋がっていることがわかったので、.NET Coreが利用できることを確認し、ビルドと実行を行っていきます。
まず、dotnet --infoと入力します。

.NET Core 2.0 previewがインストールされている、debianであることが確認できました。
ここまでくれば、あとは前々回と同じく、Hello, world!!を表示するコンソールを作り、ビルド、実行します。

実行できました。
Docker環境でも.NET Coreを動かせることを証明できました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。