A certain engineer "COMPLEX"

.NETでLinuxと遊んでみる JetBrains Rider編 第0回

Introduction


.NET CoreをDocker経由で動かしたりしました。

ですが、WindowsまたはLinuxの端末上でエディットしてコンパイルするのは面倒だしつまらない。
なので、LinuxのGUI上で開発すればいいじゃん、ということで

  • Visual Studio Code
  • JetBrains Rider

の2つに白羽の矢が立ちました。Eclipse?知らないなぁ....

自分はJetBrains Toolboxをサブスクライブしているので、今後EAPがとれて正式リリースされても継続利用できます。
なにより、ResharperClionを使ってきて満足しているので、Riderもきっと素晴らしい、と信じています。

Preparation


まずは、ダウンロード。
2017/05/14の時点でEAP Build21が最新です。

Rider: Early Access Program builds
.NET IDE based on the IntelliJ platform and ReSharper. Supports C#, ASP.NET, ASP.NET MVC, .NET Core, Unity and Xamarin

ダウンロードしたら、端末を開きます。
おそらく、ダウンロードフォルダにダウンロードしたファイルがあるので、ダウンロードフォルダに移動します。

インストール先は、Riderのマニュアルがあればそれに従うのですが存在しないので、IntellJ IDEAのマニュアルに従い、/optにインストールします。

Starting IntelliJ IDEA on Linux

/opt/Rider-171.4089.466に展開されました。
中を見てみますと、Install-Linux-tar.txtがあるので、確認します。

Rider

INSTALLATION INSTRUCTIONS
===============================================================================

Linux Installation Instructions
------------------------------------------------------------------------------
1. Unpack the Rider distribution archive that you downloaded to
where you wish to install the program. We will refer to this destination
location as your {installation home} below.

2. Open a console and cd into "{installation home}/bin" and type:

./rider.sh

to start the application. As a side effect, this will initialize various
configuration files in the ~/.Rider10 directory.

3. [OPTIONAL] Add "{installation home}/bin" to your PATH environment
variable so that you may start Rider from any directory.

4. [OPTIONAL] To adjust the value of the JVM heap size, create
~/.Rider10/rider.vmoptions (or rider64.vmoptions
if using a 64-bit JDK), and set the -Xms and -Xmx parameters. To see how
to do this, you can reference the vmoptions file under
"{installation home}/bin" as a model.

[OPTIONAL] Changing the location of "config" and "system" directories
------------------------------------------------------------------------------
By default, Rider stores all your settings under the ~/.Rider10/config
directory and uses ~/.Rider10/system as a data cache.
If you want to change these settings,

1. Open a console and cd into ~/.Rider10/

2. Create the file "idea.properties" and open it in an editor. Set the
idea.system.path and/or idea.config.path variables as desired, for
example:

idea.system.path=~/custom/system
idea.config.path=~/custom/config

3. Note that we recommend to store data cache ("system" directory) on a disk
with at least 1GB of free space.

Enjoy!

-Rider Development Team

/bin/.rider.shを実行するという指示があるので実行します。

どうも、SSH経由ではダメな模様。
GUIに移動し端末を起動し再度トライ。

ダイアログが立ち上がり、設定を引き継ぐかどうかを尋ねられます。
初めてインストールしたので、Do not import settingを選択し、OKを押下します。

次にJetBRains Privacy Policyへの同意を求められますので、Acceptを押下します。

Themaを選択します。これはお好みを選択し、Next: Editor Color Schemesを押下します。

エディターの色定義を選択します。これもお好みを選択し、Next: Keymapsを押下します。

キーの割り当てを選択します。これもお好みを選択し、Next: Desktop Entryを押下します。

ショートカットをデスクトップに作成するかどうかです。なぜかIntelliJ IDEAのアイコンです。これもお好みを選択し、Next: Default pluginsを押下します。

プラグインを選択します。ここでは、Web DevelopmentVersion ControlsDatabase ToolsOther Toolsを選択できます。
全部欲しければそのままで良いです。Next: Featured pluginsを押下します。

Featutedプラグインを選択します。ここでは、IdeaVimResharper UnityHelp AllocationsViewerPython Community Editionを選択できます。
必要に応じて選択します。自分はResharper Unityだけ追加しました。終わったら、Next: Rider EAPを押下します。

スタートアップガイドやバグトラッカーの案内です。
これで完了です。
Start using Riderを押下して終了します。

スプラッシュスクリーンです。

メイン画面です。ここはClion等と同一ですね・

Conclusion


今回は導入のみ。
次回は、プロジェクトを作ってサンプルを実行してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。