A certain engineer "COMPLEX"

開発メモ その156 Visual Studio CodeでPythonのデバッグ

Introduction


以前、Visual Studio CodeでPython仮想環境を指定しました。

Introduction備忘録。Resolution拡張機能のインストールMicrosoftのPythonをインストールします。インストール後はVisual Studio Codeを再起動します。ユーザ設定の変更...

その続きで、デバッグを行います。

How to?


まずデバッグしたいPythonのソースを開きます。
次に、画面左のデバッグアイコンをクリックし、歯車アイコンの左にあるコンボボックスを展開します。
そして構成の追加をクリックします。

続いて、仮想環境を選択します。
すると、画面右下でpylintのインストールを促されますので、Installを選択します。
拡張機能とありますが、これは仮想環境にインストールされるパッケージになります。

準備ができましたので、ブレークポイントを設定し、デバッグ開始アイコンをクリックすることで任意の個所で停止できるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。