A certain engineer "COMPLEX"

開発メモ その159 ChainerCVでSSDのメモ

Introduction


備忘録。基本中の基本だけど数学苦手で理論も苦手な自分用のメモ。
基本、train.pyについての解説。

What is problem?


配列の次元の意味

ChainerCVにおけるサンプルのSSDの実装は、MultiboxTrainChainクラスが中心。
で、ネットワークに画像(正確にはバッチ数分)を入力した際の出力について。

下記画像における、mb_locsmb_confs

  • mb_locs
    • multibox locations、つまり位置の損失
    • 次元は、バッチ数、8732、4(x,y,w,h)
  • mb_confs
    • multibox confidences、つまり確信度の損失
    • 次元は、バッチ数、8732、カテゴリ数+1

となる。
カテゴリ数にプラス1しているのは、どのカテゴリにも合致しない、というカテゴリを用意するため。
SSDのサンプルはVOC2007のため、カテゴリ数は20なので、21になる。
8732はデフォルトボックス、つまり画像全体を分割する矩形の個数。

なので、mb_confsの場合、カテゴリ毎に8732の矩形それぞれに損失が格納されていることを意味する。
(正確には、画像毎に対して、カテゴリ8732個が割り当てられ、その1つ1つにカテゴリ21個の損失が格納されている。)
損失はラベルに合致した場合は正、合致しない場合は負になる。

可視化

学習や推論に使用される変数を可視化するといろいろわかる。

データセット

学習を始める前に、利用される教師データがどのようなものかを可視化する。


from chainercv.visualizations import vis_bbox

vocTrain = VOCBboxDataset(year='2007', split='trainval')
img, bbox, label = vocTrain[0]
vis_bbox(img, bbox, label)

imgs

MultiboxTrainChaincallに渡ってくる引数を確認することでいろいろな情報が確認できる。
imgs

  1. cupy.core.core.ndarrayなので、Numpy.ndarrayに変換
  2. チャネル数、高さ、幅の順の次元をNumpy.transposeで、高さ、幅、チャネル数に変換
  3. uint8に変換
  4. RGB形式として画像に変換し、ファイル出力

という手順で可視化ができる。


from PIL import Image
Image.fromarray(np.uint8(np.transpose(chainer.cuda.to_cpu(imgs[0]), (1, 2, 0))),"RGB").save("test.png")

この段階で来る画像は、学習用に水増しされている画像に変換されているので注意。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。