A certain engineer "COMPLEX"

.NETでコード メトリックスを試してみる 第2回

前回はVisual Studio Code Metrics PowerTool 10.0をインストールしました。
今回は実際に使ってみます。

Introduce

(1) コマンドプロンプトを起動します。

(2) cd コマンドで、Visual Studio Code Metrics PowerTool 10.0のインストール先ディレクトリに移動します

注: OSによってインストール先が異なります(恐らく)

64bit OS
C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 10.0\Team Tools\Static Analysis Tools\FxCop

32bit OS
C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 10.0\Team Tools\Static Analysis Tools\FxCop

(3) 目的のディレクトリで Metrics.exe /? と入力して、ヘルプを表示します。

表示されたのは、Metrics.exeのヘルプです。
下記は私が訳したヘルプの概要です。


/file: [Short form: /f:]
Assembly file(s) to analyze.

[訳:解析するアセンブリファイル]

/out: [Short form: /o:]
Metrics results XML output file.

[訳:メトリックスした結果のXMLの出力先ファイル]

/directory: [Short form: /d:]
Location to search for assembly dependencies.

[訳:解析するアセンブリが依存しているアセンブリの探索先]

/searchgac [Short form: /gac]
Search the Global Assembly Cache for missing references.

[訳:参照先が見当たらない場合にGACを探索します]

/platform: [Short form: /plat:]
Location of framework assemblies, such as mscorlib.dll.

[訳:mscorlib.dllをはじめとする.NET Framework アセンブリの探索先]

/reference: [Short form: /ref:]
Reference assemblies required for analysis.

[訳:解析に必要な参照アセンブリ]

/ignoreinvalidtargets [Short form: /iit]
Silently ignore invalid target files.

[訳:無効な解析対象を無視します]

/ignoregeneratedcode [Short form: /igc]
Do not calculate metrics for generated code.

[訳:生成したコードのメトリックスを計算しません]

/successfile [Short form: /sf]
Create .lastcodemetricsssucceeded file in output report directory if no errors occur during calculation.

[訳:計算中にエラーが発生しなかった場合、レポート出力先ディレクトリに .lastcodemetricsssucceeded ファイルを生成します]

/quiet [Short form: /q]
Silence all console output other than error reporting.

[訳:エラー以外コンソールへ出力しません]

/help [Short form: /?]
Display this help message.

[訳:ヘルプメッセージを表示します]

割と豊富なオプションですが、今回以降使うのは


/file: [Short form: /f:]
/out: [Short form: /o:]

の2つがメインとなります。

Exercise

実際に使ってみます。
ここではサンプルとして

[csharp]
namespace CodeMetricsTest
{
class Program
{
static void Main(string[] args)
{
}
}
}
[/csharp]

のような、コンソールプログラム CodeMetricsTest.exe を用意しました。
ターゲットフレームワークのバージョンは2.0です。2.0以降でも問題ないでしょう。

CodeMetricsTest.exeとCodeMetricsTest.pdbをMetrics.exeと同じディレクトリにコピーして下記のコマンドを入力してください。

Metrics.exe /file:CodeMetricsTest.exe /out:CodeMetricsTestReport.xml

なにやら、英語が表示されましたが、エラーではありません。
成功していれば、同じディレクトリに CodeMetricsTestReport.xml が作成されています。

結論を言ってしまうと、このxmlファイルこそが、今回解析したアセンブリのコードメトリクス値を記したレポートになるのです。

今回はここまでです。
次回は、今回出現したxmlファイルの中身の説明とプログラムからの利用方法について説明します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。