A certain engineer "COMPLEX"

BitNami Redmine Stack 2.1.0-1 のログ出力設定変更方法

BitNami Redmine Stack 2.1.0-1 のログ出力設定の変更方法がわかったのでメモ。
2.0系から設定方法が変わったのか、今まで動かなかったのですが、これで余計なログが出力されなくなりました。


では早速

(1) C:\Program Files\BitNami Redmine Stack\apps\redmine\htdocs\config\additional_environment.rb に下記の記述を追記し、エラー、警告のみがログに記録されるように修正。

[ruby]
# ログの出力を制限
config.log_level = :warn
[/ruby]

また、ログのレベルは下記の内容が使用できるようです。

レベル意味
unknown不明
fatal致命的
errorエラー
warn警告
info情報
debugデバッグ

これで終了です。
従来は、C:\Program Files\BitNami Redmine Stack\apps\redmine\config\environments\production.rb

[ruby]
# ログの出力を制限
config.logger = Logger.new(config.log_path)
config.logger.level = Logger::WARN
[/ruby]

と記述しましたが、これをすると Thin_redmineThin_redmine2 が停止してしまっていました。

ようやくログの制限ができるようになりました。
これで寝ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。