A certain engineer "COMPLEX"

BitNami Redmine Stack 2.1.2-0にRedmine Backlogsをインストールする

スクラム開発ってのが流行っている、というのでせっかくのBTS、Redmineを使って導入できないか?って調べたらプラグインがあるようなので導入してみた。
が、結構道のりは長かった。長かった。
ですので、多大な時間を労するのは、私だけで良いんです。これを見ている方々には、「ここは俺に任せてお前らは先に行け!」と言わせていただきたいwww


阿呆なコメントはさておき。
この記事の目標は簡単にスクラム環境をRedmineに導入するプラグインRedmine Backlogsを簡単にインストールする事です。
たかがプラグインと思っていると躓きます。結構面倒です。というか、Redmineのプラグインは何かあると、すぐにRedmine本体が動かなくなりますから本当に困ります。
導入対象環境はBitNami Redmine Stack 2.1.2-0です。
最新のバージョンはBitNami Redmine Stack 2.1.2-2ですが、これへの導入は失敗しました。
なんせ、既存のプラグインすら動かなくなった、どころかログインはできるが、その後の画面がすべて404とかなにそれwww

なので対象環境はBitNami Redmine Stack 2.1.2-0です。間違えないように。
では早速。

まずは下準備。

  1. 必要なファイルをバックアップ
  2. 既存のBitNami Redmine Stackを一度アンインストール
  3. インストール先はファイルパスに空白が含まれないこと (ここではC:\BitNami\Redmineとして説明します)
  4. 新しいBitNami Redmine Stackをインストール
  5. バックアップから復元 (ただし、プラグインは復元しない)

という手順まで終えてください。
つまりクリーンな環境にインストールすることを前提とします。
インストール先は、前回と同じくファイルパスに空白が含まれない場所にします。
では早速。

(1) システムにパスを通します。システムのプロパティ->詳細設定->環境変数と進み、ユーザー環境変数に下記を追加します。

RAILS_ENV=production
PATH=C:\BitNami\Redmine\ruby\bin;C:\BitNami\Redmine\imagemagic

PATHC:\BitNami\Redmine\の部分はBitNami Redmine Stackのインストール先になりますので、適宜置き換えてください。
PATHは既存の値の後ろに追加することになります。従って、PATHの既存の値が

C:\Program Files (x86)\Visual Studio 2005 SDK\2007.02\VisualStudioIntegration\Tools\Sandcastle\ProductionTools\;
なら、

C:\Program Files (x86)\Visual Studio 2005 SDK\2007.02\VisualStudioIntegration\Tools\Sandcastle\ProductionTools\;C:\BitNami\Redmine\ruby\bin;C:\BitNami\Redmine\imagemagick

になります。既存の値の末尾に;をつけてから、前述の値を追加することになります。終わったらOK->OKでプロパティを終了します。

(2) Ruby Development Kitをダウンロードします。このページからダウンロードします。最新版はDevKit-tdm-32-4.5.2-20111229-1559-sfx.exeになります。

(3) ダウンロードしたファイルを展開します。
このようなウィンドウが開くのでRuby Development Kitを展開したいフォルダパスを指定します。ここも空白が含まれるパスは避けた方が無難です。ここでは、C:\BitNami\Redmine\DevKitにインストールします。

(4) スタートメニュー->BitNami Redmine Stack->Use BitNami Redmine Stack でコマンドプロンプトを起動。以下のコマンドを順次実行。

cd DevKit
ruby dk.rb init

すると、

Initialization complete! Please review and modify the auto-generated
'config.yml' file to ensure it contains the root directories to all
of the installed Rubies you want enhanced by the DevKit.

と出ます。
コマンドプロンプトはそのまま開いたままで。

(5) C:\BitNami\Redmine\DevKitconfig.ymlが生成されたはずなのでテキストファイルで開きます。

(6) 末尾にrubyのインストール先を追記します。rubyのインストール先はBitNami Redmine Stackの直下なので、

- C:\BitNami\Redmine\ruby

のように追記してください。

(7) 以下のコマンドを順次実行。

ruby dk.rb install

すると、

[INFO] Updating convenience notice gem override for 'C:/BitNami/Redmine/ruby'
[INFO] Installing 'C:/BitNami/Redmine/ruby/lib/ruby/site_ruby/devkit.rb'.

と出ます。
コマンドプロンプトはそのまま開いたままで。

これでRuby Development Kitのインストールは完了です。
次にRedmine Backlogsをインストールします。

(7) 以下のコマンドを順次実行。

cd ..\apps\redmine\htdocs\plugins
git clone https://github.com/backlogs/redmine_backlogs.git

(8) C:\BitNami\Redmine\apps\redmine\htdocs\pluginsの直下にredmine_backlogsフォルダがあるので、その直下のGemfileというファイルをテキストエディタで開きます。

(9) 40行目を下記のように変更します。

変更前) gem "gherkin", "=2.6.8"
変更後) gem "gherkin"

(10) 61行目を削除します。

削除前)
gem "spork"
gem "test-unit", "=1.2.3" if RUBY_VERSION >= "1.9"
gem "timecop", '~> 0.3.5'
削除後)
gem "spork"
gem "timecop", '~> 0.3.5'

(11) 以下のコマンドを実行。

gem source --add http://production.s3.rubygems.org

このコマンドは実行する必要はありませんが、この記事を書いた時点で、gemのインストールパッケージを保持しているミラーサイトが死んでいたので、日本のIPからはインストールできませんでしたのでその回避策です。toyko-m.rubygems.orgがエラーを参考にさせて頂きました。ありがとうございます。

(12) 以下のコマンドを順次実行。gemを順次インストールします。bundleを使わないのはそれで失敗したからです。時間がかかるのでお茶でも飲んでてください。

gem install timecop -v 0.3.5
gem install simplecov -v 0.6.0
gem install icalendar
gem install holidays -v 1.0.3
gem install holidays
gem install spork
gem install open-uri-cached
gem install prawn
gem install inifile
gem install spork
gem install ZenTest -v 4.5.0
gem install autotest-rails
gem install capybara
gem install cucumber-rails
gem install culerity
gem install database_cleaner
gem install hoe -v 1.5.1
gem install poltergeist -v 0.6.0
gem install rspec-rails -v 2.11.0
gem install rcov -v 0.9.11
gem install poltergeist -v 0.6.0
gem install redgreen

holidaysが2回あるのは意図的です。Redmine Backlogsの公式ページでのインストール方法説明ページ

There is currently a known problem with the installer for the holidays gem (1.0.4). You can work around the problem by first installing an older version and then upgrading:

gem install holidays --version 1.0.3
gem install holidays

訳: holidays gem (1.0.4)のインストーラには既知の問題がある。まず古いバージョンをインストールし、それからアップデートすると上手く問題に対処できる。

と記載してあるためです。

(13) gemのインストールが上手くいきました。以下のコマンドを順次実行。

bundle exec rake redmine:plugins:migrate RAILS_ENV=production
bundle exec rake tmp:cache:clear
bundle exec rake tmp:sessions:clear

この時点で、Could not find gem ~とか表示せず、Migrating redmine_backlogs (Redmine Backlogs)...という表示から大量のログが出力されていたら成功です。Redmine Backlogsのインストールの下準備が。

(14) 下準備が終わりましたので、Redmine Backlogsをインストールします。以下のコマンドを実行。

bundle exec rake redmine:backlogs:install RAILS_ENV=production

すると、

C:\BitNami\Redmine\apps\redmine\htdocs\plugins>bundle exec rake redmine:backlogs
:install RAILS_ENV=production
(in C:/BitNami/Redmine/apps/redmine/htdocs)
You are running backlogs v0.9.26, latest version is 0.9.26

=====================================================
Redmine Backlogs Installer
=====================================================
Installing to the production environment.
Fetching card labels from http://git.gnome.org...done!
Configuring story and task trackers...
-----------------------------------------------------
Which trackers do you want to use for your stories?
1. 繝舌げ
2. 讖溯・
3. 繧オ繝昴・繝
Separate values with a space (e.g. 1 3):

のような表示が出ます。文字化けしています。実は、BitNami Redmine Stack 2.1.2-2でインストールすると文字化けしていません。というのも、BitNami Redmine Stack 2.1.2-2からRuby Development Kitがデフォルトでインストールされるようになりました。その所為かもしれません。BitNami Redmine Stack 2.1.2-1は知りません。

(15) 文字化け部分は上からバグ、機能、サポートと表示されています。多分これは環境によって変わります。今回は新規インストールに等しいからかもしれません。これは後から変更できるので、とりあえず

1 2 3

と入力します。すると、

You selected the following trackers: 繝舌げ, 讖溯・, 繧オ繝昴・繝・ Is this corre
ct? (y/n)

と出るので、

y

(16) 下記の質問が表示されます。

-----------------------------------------------------
Creating a new task tracker.
Please type the tracker's name:

とりあえず、

Task

と入力します。すると、

You typed 'Task'. Is this correct? (y/n)

と出るので、

y

とすると、しばらく処理待ちになりますのでココアでも飲んで待ちましょう。(途中でEnterキーを押す必要があったかも...)

Installation complete. Please restart Redmine.
Thank you for trying out Redmine Backlogs!

と出たら終了です。

(17) 最後の指示通り、Redmineを再起動します。Manager toolからRestart Allポチっとなって感じで再起動してください。

(18) Redmineにログインすると、スクラム統計ってのが見えるはずです。プラグインの設定から先ほどの文字化けしていたトラッカーの選択は変更できます。

以上で終了です。お疲れ様でした。
最新のBitNami Redmine Stackにインストールする、という目標は達成できました。

Redmineへのインストールはいろいろな方が挑戦していますが、普通のRedmineだったり、ALMiniumだったり、BitNami Redmine Stack2.0.X1.4.0とかだったりして挑戦する勇気や生贄が不足していました。
ですが、これでBitNami Redmine Stack 2.1.2-0へのインストールは大丈夫でしょう。

願わくばこの記事がお役に立てることを。

2 thoughts on “BitNami Redmine Stack 2.1.2-0にRedmine Backlogsをインストールする

  1. 高橋

    RedMineの導入に何度も失敗していましたが
    このサイトを参考に無事RedMineを導入することが出来ました!
    ありがとうございますっ(*>ω<*)

    1. Takuya Takeuchi Post author

      はじめまして。
      参考にしていただいたようで何よりです。

      今後とも誰かの役に立てる情報を発信していきますのでよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。