A certain engineer "COMPLEX"

UWPメモ その3 ネイティブオブジェクトをデバッグする

UWPで時折 (割と頻繁にクラッシュするともいう) 発生するクラッシュ時のメッセージについて

Problem


アタッチしてデバッグしている際、クイックウォッチやウォッチウィンドウで変数を眺めると、Native Viewというのがありますが、デフォルトの設定では表示できません。
下記のようなやつです (英語版の環境ですが...)。

クイック ウォッチ1

最初は、オプションメニューのデバッグに関連する設定があるかと思いましたがそうではありませんでした。
これの対応策をメモとして残します。

Resolution


設定は、プロジェクトプロパティデバッグタブデバッグーの種類からマネージのみになっている設定をネイティブのみまたは混合 (マネージとネイティブ) に変更します。
アプリケーション プロセスバックグラウンド タスク プロセスの違いですが、バックグラウンド タスク プロセスは、Windows ストア Phone アプリのみとのこと。
なので、アプリケーション プロセス側だけ有効にしておけば大抵は事足りるかと。

デバッグ設定

設定完了後、再度例外に遭遇した際、前述のウィンドウが下記のように変化します。

クイック ウォッチ2

すばらしい。

Conclusion


枯れた技術でないため、デバッグの定石や手順が見つかりにくいUWPですが、明示的に設定をしないといけないなら、エラーの説明に、「こうすれば詳細を見れるよ?」みたいなメッセージを含めてくれればいいのに、と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。