A certain engineer "COMPLEX"

開発メモ その5 Update for Microsoft Visual Studio 2015 Update 3 (KB3165756)

もうちょっと更新ペースをあげないと。

パッチが出た!!


2016/6/27にVisual Studio 2015 Update3がリリースされました。
が、その直後、問題が見つかりパッチがリリースされましたが、日本語の情報が何故かありません。
私自身は、アメリカのグループ会社のSkypeチャットで知らされた次第です。

ただ、最近のWebインストーラなら既にこの修正が適用されている可能性はありますが、初日にインストールしたなら確実に含まれていないと思われます。

詳細は下記になります。

日本語訳


Bugs that are fixed in version 14.0.25422.01, released on 07/12/2016

Issue 1
Visual Studio may leak memory when you use the editor light bulb to apply code actions to a C# or Visual Basic file.
C#またはVisual Basicファイルに対して、エディターの電球マークを使用してコードアクションを使用すると、メモリリークを引き起こす可能性があります

Issue 2
Some large C# and Visual Basic projects that contain thousands of source files may experience memory and performance degradation because compilation symbols
are unnecessarily realized.
コンパイル シンボルが不必要に認識されることで、いくつかの、数千のソースファイルを含む巨大なC#またはVisual Basicプロジェクトがメモリリークとパフォーマンスの低下を引き起こす可能性があります

Issue 3
Shared projects may report an error after they are unloaded and reloaded if some of their source files are open.
いくつかのソースファイルが開かれている場合、Sharedプロジェクトをアンロードし、再度ロードした後、Sharedプロジェクトがエラーを報告する可能性があります

Issue 4
Visual Studio may crash and cause a stack overflow exception when it generates IntelliSense for some C# files that contain nested generic types.
ネストされたジェネリック型を含むC#ソースファイルに対して生成するIntelliSenseを生成するとき、Visual Studioがクラッシュし、StackOverflow例外を投げる可能性があります

Issue 5
In ASP.NET cshtml files, committing code completion after you type the full snippet may cause incorrect snippets to be added to the source file.
ASP.NETのcshtmlファイルにおいて、完全なスニペットを入力した後のコード補間のコミットが間違ったスニペットをソースファイルに追加する可能性があります

Issue 6
This fix addresses a memory leak in the StandardCollector.Service.exe process. You commonly encounter this leak when you debug managed code on Windows 7 that has Visual Studio 2015 Update 3 installed.
この修正はStandardCollector.Service.exeプロセス内のメモリリークに取り組みます。一般的に、Visual Studio 2015 Update3がインストールされたWindows7上で、マネージドコードをデバッグする際にメモリリークに遭遇します。

Issue 7
When you debug JavaScript files by using certain module configurations, the debugger might not load the correct source maps. This causes the program to crash. There is no known workaround for this bug other than to apply this KB3165756 update.
JavaScriptファイルをあるモジュール設定でデバッグするとき、デバッガーが正しいそースマップをロードしない可能性があります。これはプログラムのクラッシュを引き起こします。このバグに対して、本KB3165756アップデートを適用する以外に、既知の回避方法はありません。

Issue 8
When you edit TypeScript build properties, the ourDir option does not save the changes that you made. After you make changes, the build properties page displays the previous state of outDir. As a workaround, you can add a tsconfig.json file that has the desired properties that match the current property configuration. Alternatively, you can manually edit the project file.
TypeScriptビルド設定を編集しているときに、outDirオプションが変更を保存しません。変更後、ビルドプロパティページはoutDirの以前の状態を表示します。回避方法として、現在のプロパティ設定に一致する希望のプロパティを持つtsconfig.jsonをファイルを追加することができます。

Bugs that are fixed in version 14.0.25421.03, released on 06/27/2016

Issue 1
Visual Studio may crash when you close the Visual Studio IDE while C# and Visual Basic background operations are ongoing.
C#またはVisual Basicのオペレーションがバックグラウンドで進行中にVisual Studio IDEを閉じることでVisual Studioがクラッシュすること可能性があります。

Issue 2
Visual Studio may crash if you update a solution while the C# or Visual Basic build is completing and reporting diagnostics.
C#またはVisual Basicのビルドが完了し、診断を報告している間に、ソリューションを更新すると、Visual Studioがクラッシュすること可能性があります。

Conclusion


07/12/2016リリースのIssue2, Issue4, Issue 6もやばいですが、06/27/2016の修正は全部緊急ですね。速くパッチを適用することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。