A certain engineer "COMPLEX"

開発メモ その51 Red Hat Enterprise Linux 7.2にPortainerをインストールする

Problem


開発メモ その49 Red Hat Enterprise Linux 7.2にshipyardをインストールするにて、shipyardをインストールしました。
けど、結論から言うと使えませんでした。
どうやっても管理画面から、コンテナとイメージの一覧が表示されなくて挫折しました。

でも諦めずに調査したら、Portainerという管理ツールがあることを知りましたのでこれをインストールしました。

いや、こうやって試すというのはdockerの実地訓練なんですよね。

Portainerの公式は下記です。

Solution


まずはじめに、Docker Remote APIの設定を行います。
これ、公式ドキュメントに書いて無くて苦労しました。
下記のページが参考になりました。

CoreOSとはDockerを利用してコンテナを動かすことに特化した軽量なLinuxディストリビューションの一つです。コンテナを実行させるためのDocker以外にetcd(設定情報共有)...

Remote APIを設定したら、下記を入力してインストールします。ポート番号は自由に決定できますが、ここは公式と同じ9000にします。


$ docker run -d -p 9000:9000 --privileged -v /var/run/docker.sock:/var/run/docker.sock portainer/portainer

注意して欲しいのは、--priviledgedを付けることです。公式ドキュメントに下記のようにこっそり書いてあります。これに気づかず何度もdocker rmしてはインストールを繰り返していました。

Note: If your host is using SELinux, you’ll need to pass the --privileged flag to the Docker run command:

インストール後、ブラウザからhttp://<端末のIP>:9000でアクセスします。
初回アクセス時に、パスワードの設定を要求されます。

設定したパスワードでログインします。

今回は、Portainerのインストール先がDockerホストなので、最初の項目を選択します。
選択後、Connectを押下します。この際、Docker Remote APIが設定してなかったり、--privilegedを付与していないと、Unable to connect to the Docker endpointと怒られます。

無事に接続すると、管理画面に移行します。
shipyardと異なり、既にコンテナが一つ動いているのがわかります。これはPortainer自身です。

コンテナの一覧画面です。
非常にモダンでわかりやすいです。

以上です。
ここまで長かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。