A certain engineer "COMPLEX"

.NETでLinuxと遊んでみる Visual Studio Code編 第0回

Introduction


.NET CoreをDocker経由で動かしたりしました。

ですが、WindowsまたはLinuxの端末上でエディットしてコンパイルするのは面倒だしつまらない。
なので、LinuxのGUI上で開発すればいいじゃん、ということで

  • Visual Studio Code
  • JetBrains Rider

の2つに白羽の矢が立ちました。Eclipse?知らないなぁ....

会社でも自由に(コスト的な意味で)使えるVisual Studio Codeを使ってみます。

Preparation


Install .NET Core

最初にインストールしておくと良いでしょう。
インストールは下記を参照。

Install Visual Studio Code

まずは、ダウンロード。
2017/05/16の時点でVersion 1.12が最新です。

RHELなので.rpmを選択してダウンロードします。

Visual Studio Code is free and available on your favorite platform - Linux, Mac OSX, and Windows. Download Visual Studio Code to experience a redefined code...

パッケージは不要なので、そのままインストールします。

アプリケーションインストーラーが開くので、インストールを押下します。

認証を実行します。

暫くすると、インストールが完了します。
アプリケーションインストーラーは終了してもOKです。

端末を開きます。
Visual Studio Codeは下記のコマンドで実行できます。


$ /usr/bin/code

実行すると次の初期画面が表示されます。

Install Plugins

Visual Studio Codeは拡張機能をインストールすることで真価を発揮します。
下記の拡張機能をインストールします。

C## 拡張

Microsoft製の純正拡張機能です。

Extension for Visual Studio Code - C# for Visual Studio Code (powered by OmniSharp).

VSCode-Icons

UI中のアイコン表示を増やして、綺麗にしてくれます。別に無くてもいいんですが、使っていて楽しいUIは重要です。

Extension for Visual Studio Code - Icons for Visual Studio Code

インストールは簡単です。

まず、Ctrl+Pでクイックオープンを開きます。

次に、下記のコマンドを一つずつ入力しEnterを押下します。


ext install csharp
ext install vscode-icons

すると、該当する拡張機能が、左側に表示される拡張機能ペインの先頭に表示されますので、インストールを押下します。

VSCode-iconsは設定で別途有効にする必要があります。
まず、ファイル->基本設定->ファイルアイコンのテーマを選択します。

そして表示されるリストからVSCode Iconsを選択します。

以上で完了です。

Conclusion


今回は導入のみ。
次回は、プロジェクトを作ってサンプルを実行してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。