A certain engineer "COMPLEX"

.NETでLinuxと遊んでみる Visual Studio Code編 第2回

Introduction


前回は、GUIからgitによるコミットを実行しました。

今回はDebug時の引数指定のメモです。

Try


デバッグ時の引数を指定してみます。
Visula Studio使っているなら、プロジェクトのプロパティ見て、引数を、ってのがすぐ思い浮かべますが、プロジェクトファイルが存在しない(.NET Core 1.1の場合)ので、ちょっと構えてしまいます。

Debugの手順については、きちんと下記の公式ページのLaunch.json attributesに明記されています。

One of the great things in Visual Studio Code is debugging support. Set breakpoints, step-in, inspect variables and more.

このlaunch.jsonが肝になります。
ちょっと上のページは文字だけでわかりにくいので画像をつけて。

まずdotnet newでプロジェクト作成後のフォルダを開いた状態です。

Program.csの内容は


using System;

namespace ConsoleApplication
{
public class Program
{
public static void Main(string[] args)
{
Console.WriteLine(args[0]);
}
}
}

に変更します。
また、Console.WriteLineの行とその次の行にブレークポイントを貼っておきます。

左側のデバッグアイコンをクリックします。

デバッグペインが出現するので、上部の歯車アイコンをクリックします。

.NET Coreを選択します。

launch.jsonが作成されて表示されます。
name:.NET Core Launch (console)になっているセクションを

  • "program": ${workspaceRoot}/bin/Debug//<project-name.dll>
    • "program": ${workspaceRoot}/bin/Debug/netcoreapp1.1/DotNetCoreLinux2.dll に変更
  • "args: []"
    • "args: ["~/"]"

に変更して、保存します。

この状態でF5でデバッグを開始すると、エラー preLaunchTask 'build' が見つかりませんでした。とエラーが表示されます。
右側のタスクランナーの構成という選択肢を選択します。

ドロップダウンから.NET Coreを選択します。

tasks.jsonが作成されて、表示されます。
特に変更する必要はありません。

再度、F5でデバッグを実施します。
コードにエラーが無くても、エラー preLaunchTask 'build' の実行中にビルド エラーが検出されました。とエラーが表示されるかもしれませんが、そのままデバッグが始まります。

引数argsにカーソルを合わせると、ウォッチ出来ます。
launch.jsonで指定した引数が、先頭に格納されているのがわかります。

次の行に進めます。デバッグコンソールargs[0]の内容が表示されています。

Conclusion


引数の指定が出来るようになりました。
次回は、ファイルパスを利用したAPIを試してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。