A certain engineer "COMPLEX"

開発メモ その74 Red Hat Enterprise Linux 7.3でPython 3を使ってみる

Problem


いつインストールしたのかはわかりませんが、Red Hat Enterprise Linux 7.3にはPython 2が入っていました。
しかし諸事情でPython 3を使う必要があり、その手順を調べました。

標準のリポジトリには3は入っていない様子。

Resolution


ぶっちゃけると、下記のページに全ての手順が書かれております。

感謝感謝。

要点は、Python3が入っているリポジトリを追加する、だけです。


$ sudo yum-config-manager --enable rhel-server-rhscl-7-rpms

で追加可能。
その後、


$ sudo yum install rh-python35

で、インストールします。
古いPythonと同居していますので、sclで環境を切り替えます。


$ scl enable rh-python35 bash
$ python -V
Python 3.5.1
$ which python
/opt/rh/rh-python35/root/usr/bin/python

ついでに、何かと便利なpipもインストトールしておきます。


$ wget https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py
$ sudo python get-pip.py
$ rm get-pip.py

が、どうやっても、pipを最新版にアップデートできなかったので、微妙な環境になってしまいました...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。