A certain engineer "COMPLEX"

開発メモ その82 Fedora 26 ServerでVisual Studio CodeでのC++開発環境を準備する

Problem


もうRedhat Enterprise Linuxには見切りを付けました。
GLibcが古かったり、リポジトリが古かったり、さんざんな目に遭いました。
今後は、Fedoraをメインにしていきたいです。

そこで、開発環境を再度整えることになったので、メモしておきます。

Solution


CMake

RHELとは異なり、CMakeは最初からServerModeでビルドされていました。
またきちんと最新版が用意されています。


sudo dnf -y install CMake

GCC C++

C++の開発をするのに必須のコンパイラー。
これも最新版が用意されています。


sudo dnf -y install gcc-c++

Visual Studio Code

Fedoraへのインストールは公式に書いてあります。

Get Visual Studio Code up and running on Linux.


sudo rpm --import https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc
sudo sh -c 'echo -e "[code]\nname=Visual Studio Code\nbaseurl=https://packages.microsoft.com/yumrepos/vscode\nenabled=1\ngpgcheck=1\ngpgkey=https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc" > /etc/yum.repos.d/vscode.repo'
sudo dnf check-update
sudo dnf install code

次に拡張を追加します。
インストールする拡張は、

C/C++

Extension for Visual Studio Code - Complete C/C++ language support, including code editing a...

C#

Extension for Visual Studio Code - C# for Visual Studio Code (powered by OmniSharp).

CMake

Extension for Visual Studio Code - CMake langage support for Visual Studio Code

CMake Tools

Extension for Visual Studio Code - Extended CMake support in Visual Studio Code

vscode-icons

Extension for Visual Studio Code - Icons for Visual Studio Code

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。