A certain engineer "COMPLEX"

開発メモ その90 Visual Studio Code on WindowsでCMakeを使うとエラーになる

Problem


最新のCMake 3.9.2が悪いのか、Visual Studio CodeでCMakeを使おうとするとエラーになります。
WindowsのVisual Studio CodeでCmakeを使うという記事はたくさんあります。

# 概要Visual Studio Codeを使ってVC++のデバッグ+ビルドを行う方法CMakeの使い方等はこの記事には載せませんので注意してください。また、記事に対するもっと良い方法...

が、それでも上手くいかない。
Lixnuでは既に自分でも試しており楽勝のはずだったのですが...

具体的には、

Started new CMake Server instance with PID 13456
Build program for generator Ninja is not found. Skipping...
Build program for generator Unix Makefiles is not found. Skipping...
None of preferred generators available on the system.

というエラーが出力されております。

Solution


CMake toolsのIssueにヒントがありました。

After upgrading my cmake install to 3.7.2, enabling the cmake server option in the vs code settings, and restarting vs code, I get the message: "Unable ...

エラー出力にもありますが、Ninjaが存在しない、って言っているのでそれをインストールします。

What is Ninja?

Ninjaはスピードに特化した小型のビルドツールとのこと。
私はよくわからないので、詳しいことはググってください。

ninja - a small build system with a focus on speed

とりあえず、Githubのリリースから最新のバイナリをダウンロードして適当なフォルダに配置します。

Setup

続いて、Visual Studio Codeの設定に、下記のような内容を記述します。


{
"cmake.generator": "Ninja",
"cmake.configureSettings": {
"CMAKE_MAKE_PROGRAM": "D:/Works/Lib/Ninja/1.8.2/ninja.exe"
}
}

設定後、Visual Studio Codeを再起動し、いつものようにCake: Quick Start的な感じで始めることが出来るようになっているはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。