A certain engineer "COMPLEX"

Bluetooth Low Energyの自作ビーコンを作る その2

Introduction


前回は、mbedのアカウント作成、ソースのコンパイルを行いました。
今回は実際にBEL Nanoにバイナリを書き込んで、動かしてみます。

Instructions


接続

BLE Nano v2をPCに接続します。
購入時は、ボードとライターが接続されていましたが、もし外したのなら、向きに注意して接続します。

ボードとライターを接続したら、PCのUSB端子に接続します。
続いて、エクスプローラーを開きます。
Macとかだと、Finderに接続したBLE Nanoがドライブとして現れるようですが...
私のWindows7はUSBハブ経由だからなのか、見つかりませんでした。

見つからない場合はmbed Windows serial port driverをインストールします。
情報はJellyWare様より。ありがとうございます。

JellyWare株式会社
人が技術を作る。技術が人の暮らしをつくる。だから、人をつなげ、何かを作り、それをまた誰かに伝えたい。JellyWareはそんな人と技術が集まるプラットフォームです。

とりあえず、Windows10はドライバ無しでも認識しました、

書き込み

いざ書き込みです。
といっても想像の通り、ドラッグアンドドロップで、前回ダウンロードしたバイナリを書き込むだけの親切設計。

実行

前回買ってきたブレッドボードに接続してみます。

そして、iPhoneあたりにBLEビーコンを検出できるアプリがあるので、それを使って検知してみます。
今回はこれを使ってみました。

Locate Beaconを App Store で
「Locate Beacon」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットを確認、詳細情報を入手。Locate Beaconをダウンロードして iPhone、iPad、iPod tou...

UUIDは前回のmain.cppに書かれていますので、それを入力します。
そして、検知結果がこちら。

無事に動作しました。
電子工作、なかなか面白いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。