A certain engineer "COMPLEX"

開発メモ その94 boostを使った最小のCMakeプロジェクト その2

Introduction


前回の記事で、boostを使った簡単なクロスプラットフォームアプリを作りました。
で、それを会社でテンプレートにして手を加え、Windowsで動かしたらまったく動きませんでした。
というかビルドが通らない。

理由はlibが見つからないこと。

前回のサンプルは、libを使わず、ヘッダーだけで動作したプログラムだった模様。
なので、ちょっと修正します。
ソースは下記になります。

Sample source code for Demonstration, Experiment and Test - takuya-takeuchi/Demo

Explanation


まずは、CMakeLists.txt

今回の肝は、target_link_librariesの行。
コンパイラがVisual Studioなのかそうでないのかで、リンクするライブラリを変えています。

次に、main.cpp

引数で渡されたファイルが存在するかどうかを表示するだけです。

Build&Run


ビルドします。
CMakeLists.txtmain.cpが同じ階層にあるものとし、カレントディレクトリがCMakeLists.txtと同じだとします。
また、CMakeのパスは通っているものとします。

Windows

Linux

Conclusion


今度はきちんと静的リンクできています。

Source Code

https://github.com/takuya-takeuchi/Demo/tree/master/CMake2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。