A certain engineer "COMPLEX"

開発メモ その104 260文字を超えるパスを有効にする 追試験

Introduction


以前、開発メモ その9 260文字を超えるパスを有効にするという記事を書いたのですが、どうもCreators Update以降、微妙に挙動が変わっているように見えます。

具体的には、レジストリを有効にし、app.configに設定を追記しても、長いパスが有効にならないのです。
検証は、

  • Hyper-V上に英語版のAniversary Update (Winver 1607)Creators Update (Winver 1703)を新規に構築
  • ループポリシーで設定を有効にし、かつレジストリに設定が正しく書き込まれていることを確認
  • .NET 4.6.2.でビルドし、かつapp.configを用意

それが下記の結果です。


Aniversary Update


Creators Update

同じサンプルを実行させたのに結果が違います。

何故でしょう?

Answer


対応策は、manifestを埋め込む、ということだけです。
埋め込むmanifestは

です。
下記はmanifestを埋め込んだ結果です。


Creators Update

しかし、manifestを埋め込む、ということ自体は以前からMSDNに書いてあったはずです。

上のページの途中の説明です。

A registry key allows you to enable or disable the new long path behavior. To enable long path behavior set the registry key at HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\FileSystem LongPathsEnabled (Type: REG_DWORD). The key's value will be cached by the system (per process) after the first call to an affected Win32 file or directory function (list follows). The registry key will not be reloaded during the lifetime of the process. In order for all apps on the system to recognize the value of the key, a reboot might be required because some processes may have started before the key was set.

The registry key can also be controlled via Group Policy at Computer Configuration > Administrative Templates > System > Filesystem > Enable NTFS long paths.

You can also enable the new long path behavior per app via the manifest:

要するに、

レジストリキーが長いパスの新しい扱いの有効/無効を許可します。長いパスの扱いを有効にするために、**HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\FileSystem LongPathsEnabled (Type: REG_DWORD)** にキーを設定します。キーの値は、影響のあるwin32のファイルまたはディレクトリ関数(後述のリスト)の最初の呼び出し後、システム(プロセス毎)によって、キャッシュされます。レジストリキーはプロセスの生存中は再読込されません。
システム上の全てのアプリケーションにキーの値を認識させるために、いくつかのプロセスは値が設定される前に起動されたがために、システムの再起動を要求されるかもしれません。

レジストリキーはグループポリシーのコンピューターの構成 -> 管理用テンプレート -> システム -> ファイルシステム -> Win32 の長いパスを有効にする によっても制御することが出来ます。

また、マニフェストによっても新しい長いパスの扱いを有効にすることが出来ます。

です。
本文のalsoの係りをみるに、レジストリキーの設定さえあればOKのはずです。
ぶっちゃけ理由がわかりません。

が、manifestを有効にすれば動作しました。

最終的な検証は下記の通り。

 ローカルグループポリシー有効ローカルグループポリシー無効
App.configあり/ManifestありApp.configなし/ManifestありApp.configあり/ManifestありApp.configなし/Manifestあり
.NET 4.6.2OKOKDirectoryNotFoundExceptionDirectoryNotFoundException

結局、Creators Updateから長いパスを扱うには、

  • グループポリシー (またはレジストリ) の設定を有効
  • manifestで長いパスを扱えるよう設定

両方を満たす必要があるようです。

One thought on “開発メモ その104 260文字を超えるパスを有効にする 追試験

  1. 匿名

    ・グループポリシーの説明にはmanifested win32 applicationsと書いてある
    ・MSDNの説明が正しいと仮定した場合manifestだけで有効になるはずだがバージョン1607であってもmanifestだけでは有効にならない

    よってMSDNの記述が誤りでバージョン1607がmanifestを見ないのがバグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。