A certain engineer "COMPLEX"

開発メモ その107 Debian with Raspberry Pi Desktop on VirtualBoxにssh接続

Introduction


Windows10のVirtualBox上に構築したDebian with Raspberry Pi Desktopに対して、ssh接続するのに少し嵌ったのでメモ。

How to do?


VirtualBox内の仮想マシンに外部からアクセスする場合、VirtualBoxのネットワーク設定をNATにした上で、指定したポートを仮想マシンにポートフォワードする必要がある。
通常、sshは22で待ち受けるので、ホストPCへの22宛の通信をゲストOSの22へフォワードすればよい。

が、これがうまくいかない。
外から、sshでホストPC宛に接続を試みても、

というエラーが返ってくる。
そこで、下記のコマンドで、sshの接続に失敗したログを見てみる。

しかし、ログそのものが出力されていない。
こうなると、そもそもssh接続が仮想マシン側に到達していない、と考えるとが筋である。

なので、ポートフォワーディングを

のようにし、22ポート以外に変更する。
ssh接続も

に変更する。

こうすると上手くいった。

Why?


ポートフォーワーディングは転送元ポートと転送先ポートが同じでも問題ないはずである。
なのにそれが失敗したのは、ホスト側で別のアプリが22でLISTENしていたからだと考えられる。

なので、ホストPCでLISTENしているポートを調べてみた。
外部から22ポート宛にssh接続してみる。

なんか22ポート使っている奴がいる...
Windows10端末で22ポートで待ち受けするアプリなぞ思い当たらないので、調べてみた。
下記の記事を発見。

Windows 10のAnniversary Update(RS1)から、開発者モードをオンにすると、SSHサーバーが起動するようになっている。

上の記事によると、

ハッキリしているのは、Windows 10(Desktop、Mobile、IoT)で開発者モードをオンにすると、SSH関連の2つのサービス(SSH Server Broker、SSH Server Proxy)が起動するようになるということだ。

確かに動いています。
気づかなかった...

とりえあず、Windows10端末でssh接続する予定はないので、この2つのサービスの自動起動を無効、停止しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。