A certain engineer "COMPLEX"

開発メモ その108 Debian with Raspberry Pi Desktop on VirtualBoxでGuest Additionsを追加する

Introduction


VirtualBoxでもHyper-Vのゲスト拡張機能のようなものが用意されています。

How to install?


VirtualBox上のDebian with Raspberry Pi Desktopへの拡張インストールは下記が詳しいです。

How to run a Raspberry Pi desktop as a virtual machine on your Microsoft Windows PC or laptop.

ちなみに先にssh接続できるようにしておくと、コマンドをコピペできるので間違えなくて済みます。

まず、次のコマンドでDebianのリポジトリを使用可能にします。どうもRaspbianのGuest Additionsは長らくメンテされていない模様。


sudo apt update
sudo apt install -y dirmngr
sudo apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-key 8B48AD6246925553
sudo apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-key 7638D0442B90D010
echo "deb http://ftp.debian.org/debian stretch-backports main contrib non-free" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/backports.list
sudo chmod 644 /etc/apt/sources.list.d/backports.list

ちなみに、apt-keyは下記の引数でproxyを指定することができます。会社とかのセキュアの環境ではこれが必要になるでしょう。


--keyserver-option http-proxy=http://<user>:<password>@<serveraddress>:<port>

そしてインストール。


sudo apt update
sudo apt install virtualbox-guest-dkms virtualbox-guest-x11 linux-headers-$(uname -r)
sudo shutdown -r now

これで拡張機能が使えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。