A certain engineer "COMPLEX"

開発メモ その113 Ubuntu 18.04でRAMディスクを使う

Introduction


防備録。
Ubuntuが入っているマシンがメモリ32GBなのとUSBメモリにインストールされているのもあって、不要な書き込みは避けたいのでRAMディスクを使うことにしました。
Windowsも標準で対応しませんかねぇ?

How to?


下記のページが参考になりました。

SDカードにUbuntuをインストールしてテスト用のサーバーを作ったけど、SDカードの寿命を考えて少しでもアクセスを減らすためにテンポラリやログファイルをRAMDISKに移す...

上のページだと、nanoを使ってエディタ編集していました。最初、nanoって何だっけ?って思いました。

手順は下記。

RAMディスクの割り当て


$ sudo vi /etc/fstab

下記の記述を追加。


tmpfs /var/log tmpfs defaults,noatime,size=128m 0 0
tmpfs /var/tmp tmpfs defaults,noatime,size=512m 0 0
tmpfs /tmp tmpfs defaults,noatime,size=512m 0 0

ディレクトリの作成

起動時に上で割り当てたRAMディスクのマウント先を作成するようにします。


$ sudo vi /etc/rc.local

下記の記述を追加。
アプリでエラーが出たら都度追加します。


mkdir -p /var/log/apt
mkdir -p /var/log/fsck

touch /var/log/lastlog
touch /var/log/wtmp
touch /var/log/btmp
chown root.utmp /var/log/lastlog
chown root.utmp /var/log/wtmp
chown root.utmp /var/log/btmp

確認


$ sudo reboot

再起動してディレクトリが作成されることを確認。


$ df -h
tmpfs 128M 404K 128M 1% /var/log
tmpfs 512M 8.0K 512M 1% /tmp
tmpfs 512M 0 512M 0% /var/tmp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。