A certain engineer "COMPLEX"

開発メモ125 Android NDKをWindowsで使ってみる

Introduction


Xamarinを再び勉強しはじめています。
Nativeのライブラリを使いたいので、試行錯誤中です。

Get Started!!


Androidで動作するNativeライブラリを作成するには、Android NDK (Native Development Kit)が必要です。
最初自分はg++でできると思い込んで、それをAndroidのEmulatorに配置していたのですが、それは間違っていました(白目)

なので、NDKの使い方から。

Download

公式のDownloadから入手します。
Windows、Mac、Linux用が提供されています。今回はWindows版を。

ダウンロードしたら、適当な場所に展開し、パスを通しておきます。
が、パスに空白が入ると動かないので注意。

パスを通したら

のように表示されれあば準備完了です。

Build

コンパイル環境ができましたので、ビルドを行います。

ビルドについては、

主にプログラミングに関するブログ。Android と Java に関することが多いが、C, C++, C#, Javascript 等も。

が非常に参考になりました。

ソースは下記です。

calc.cpp

calc.h

export.h

次にビルドする際は、CMakeLists.txtのようなビルドの手順を示した

  • Android.mk
  • Application.mk

ファイルを用意します。

Application.mk

Android.mk

これらを下記のような構成で展開します。

ここで、Application.mkにカレントディレクトリを移動して、下記のコマンドを実行することで、ライブラリが生成されます。

libsフォルダにアーキテクチャ毎にライブラリが生成されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。