A certain engineer "COMPLEX"

開発メモ135 OpenCVに組み込んだlibjpeg-turbo 1.5.3と2.0.0を比較

Introduction


前回の続き。

Introduction掲題そのまま。結構、このネタはそこら辺に転がっているんだけど、 計測していない エンコードだけ計測みたいなネタでげんなりしたので自分で実施し...

libjpeg-turboに2.0.0が登場しているため、1.5.3との性能を比較します。

Condition


条件は前回とほとんど変わりません。
違うのはリンクするlibjpeg-turboが2.0.0になっただけです。

  1. Intel Cire i7-8700 (3.20GHz)
  2. 32.0GB
  3. Visual Studio 2017 Update 7 (15.7)
  4. OpenCV 3.2.0 (動的リンク、world形式でビルド。IPP、CUDAは除外)
  5. libjpeg-turbo 2.0.0
  6. libjpeg-turbo.libをリンク

Test


実験も前回と同様、3種の画像、エンコードとデコードを計測します。
計測対象は下記。

  1. libjpeg-turbo 2.0.0 自家製ビルドOpenCV
  2. libjpeg-turbo 1.5.3 自家製ビルドOpenCV

また、実験ソースも前回と変わりません。
生成されたopencv_world320.dllを差し替えるだけです。

Result

実験結果は下記になります。
速度はいずれも平均速度です。

Decode

 640x3601280x7202560x1440
2.0.01.05651 ms4.67864 ms25.9939 ms
1.5.31.16508 ms5.11916 ms28.0259 ms
Improvement+10%+9%+7%

Encode

 640x3601280x7202560x1440
2.0.01.15707 ms4.3723 ms17.9123 ms
1.5.31.37863 ms5.03018 ms20.6569 ms
Improvement+19%+15%+15%

Conclusion

劇的な改善はありませんが、着実に性能が向上しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。