A certain engineer "COMPLEX"

開発メモ その136 Windows 10 Ver1803で起動しなくなったCentOS on Hyper-Vを復旧する

Introduction


Windows 10 April 2018 Update (Ver.1803) のマシンにおいて、Hyper-V上のLinux仮想マシンが起動しない現象が発生した。
こんな感じになります。

具体的に起動しないマシンは、

  1. 1803で新規に作成したマシン (世代1で作成)
  2. 1803より前の環境で作成し、1803にVHDをコピーして再作成したマシン (世代1で作成)

という条件である。
要するに世代1で作成するのが不味かったのだが、既存の資産が動いているレガシーなLinuxだとそうも言っていられない。

これが会社のマシンで起こり、自宅の環境でも再現してしまったので、解決策を模索した。

Resolution


Google先生に聞いても、この現象に遭遇している人がいなかった。
なので、自分で探すこと1週間。解決のきっかけに気づいたのは、イベントビューアを見ていたときである。

Microsoft-Windows-Hyper-V-Worker-Admin に奇妙なログが記載されていた。


仮想マシン %1 でデバイス %3 を読み込むことができません。相互にサポートされているプロトコル バージョンがありません。サーバー バージョンは %4 で、クライアント バージョンは %5 です (仮想マシン ID %2)。

どうも、問題のマシンを立ち上げた時に記録されている模様。
これを見て思ったのは、グラフィック系統のデバイスが正しく読み込まれていないから、起動時におかしな画面に陥るのでは?と推測。
だから、起動時にグラフィック表示をなくせば起動できるのでは?と予想。

試したところ、ビンゴでした。
下記のOSは CentOS 6.10 ですが、手順はどのOSでも似たようなものかと。

1. 起動

下記の画面でキーを押下して、メニューに入ります。

2. GRUB

下記のメニューが表示されたら a を押下して、カーネルの引数を編集する画面に入ります。

3. カーネル引数の編集

OSの状態によって評される文字列が異なります。
例えば、下記はOSをインストールした直後になります。

下記はOSをインストールして、初期ユーザの設定が終わった以降になります。

どちらでも共通に存在する rhgb quiet を削除し、Enterキーを押下し、ブートを再開します。

4. 無事に起動

一瞬、画面が乱れた問題になった画面が表示されますが、少し待つとブートが継続されます。

5. 永続化

ここまでの方法はその場限りで再起動すれば戻ってしまいます。
なので、GRUBの設定ファイルを編集することで設定を永続化します。
無事にログインしたら、シェルから設定ファイルを編集します。


$ sudo vi /etc/grub.conf

編集ファイルを開くと下記のような状態です。


# grub.conf generated by anaconda
#
# Note that you do not have to rerun grub after making changes to this file
# NOTICE: You have a /boot partition. This means that
# all kernel and initrd paths are relative to /boot/, eg.
# root (hd0,0)
# kernel /vmlinuz-version ro root=/dev/mapper/VolGroup-lv_root
# initrd /initrd-[generic-]version.img
#boot=/dev/sda
default=0
timeout=5
splashimage=(hd0,0)/grub/splash.xpm.gz
hiddenmenu
title CentOS 6 (2.6.32-754.el6.x86_64)
root (hd0,0)
kernel /vmlinuz-2.6.32-754.el6.x86_64 ro root=/dev/mapper/VolGroup-lv_root rd_NO_LUKS LANG=en_US.UTF-8 rd_NO_MD rd_LVM_LV=VolGroup/lv_swap SYSFONT=latarcyrheb-sun16 rd_LVM_LV=VolGroup/lv_root KEYBOARDTYPE=pc KEYTABLE=us rd_NO_DM rhgb quiet
initrd /initramfs-2.6.32-754.el6.x86_64.img

これを下記のように編集します。
わかりにくいですが、先述のように、rhgb quietを削除するだけです。


# grub.conf generated by anaconda
#
# Note that you do not have to rerun grub after making changes to this file
# NOTICE: You have a /boot partition. This means that
# all kernel and initrd paths are relative to /boot/, eg.
# root (hd0,0)
# kernel /vmlinuz-version ro root=/dev/mapper/VolGroup-lv_root
# initrd /initrd-[generic-]version.img
#boot=/dev/sda
default=0
timeout=5
splashimage=(hd0,0)/grub/splash.xpm.gz
hiddenmenu
title CentOS 6 (2.6.32-754.el6.x86_64)
root (hd0,0)
kernel /vmlinuz-2.6.32-754.el6.x86_64 ro root=/dev/mapper/VolGroup-lv_root rd_NO_LUKS LANG=en_US.UTF-8 rd_NO_MD rd_LVM_LV=VolGroup/lv_swap SYSFONT=latarcyrheb-sun16 rd_LVM_LV=VolGroup/lv_root KEYBOARDTYPE=pc KEYTABLE=us rd_NO_DM
initrd /initramfs-2.6.32-754.el6.x86_64.img

これで設定が永続化されます。

ただし、これらを行っても、たまに起動に失敗することがあります。
その時はリセットボタンで再度ブートをやり直します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。