A certain engineer "COMPLEX"

開発メモ その191 Visual Studio CodeのRomote Containerに拡張機能がインストールできない場合

Introduction


Visual Studio Codeでコンテナ内に拡張機能をインストールできない場合の対応。

こんな感じのエラーが、コンテナ内ででます。
proxyや証明書はインストールしたコンテナのはずなのですが。

根本原因を追究したかったのですが、時間がなかったので暫定対応を行いました。

How to?


Remote - Containers拡張でデバッグ用のコンテナを起動する際、code-serverが読み込まれるのですが、その際に拡張機能の入手に失敗してるようです。
そのため、

  • コンテナ起動時に拡張機能をインストール
  • コンテナビルド時に拡張機能をインストール

という手法がとれます。
今回は後者を。

Remote - Containers拡張で作成されるデバッグコンテナのDockerfileに

のような記述を追加します。
これにより、拡張機能があらかじめ追加された状態になります。

また拡張機能をあらかじめ入れておくことで、コンテナをビルドし直した際に、再度拡張機能をインストールし直す必要もなくなります。
本来はコンテナ起動後、手動で拡張機能をインストールしコンテナのリロードで有効化するのですが、それをスキップできます。

こんな感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。