A certain engineer "COMPLEX"

開発メモ その194 gRPC v1.26.0 C++をビルドしHello World

Introduction


gRPCのv1.26.0をC++でビルドしてHello Worldを動かします。

今更な記事ですが、C#、Java、Pythonと違いC++のgRPCは動かすまでもが面倒です。
しかも公式のサンプルですら。
こういうエラーに苦しめられます。

  • https://github.com/grpc/grpc/issues/16741
  • https://github.com/grpc/grpc/issues/17576
  • https://github.com/grpc/grpc/issues/19873

でネットをさまよっていると解決策を提示してくれている方の記事が。
正確には上の問題を解決する意図の記事ではないのですが。

アプリケーションから gRPC C++ を利用できる環境を作るのは、CMake の add_subdirectory を使えばある程度簡単にできます。

上の説明を整えて、シェルスクリプトにまとめました。
この方の記事ではHello Worldを実行しているわけではないですが。

How to?


ソースは下記にまとめてあります。

GitHub is where people build software. More than 40 million people use GitHub to discover, fork, and contribute to over 100 million projects.

Dockerfile

Ubuntu 18.04のdockerコンテナでビルドします。

そしてコンテナのビルドと起動のシェル。

Build

gRPCのビルドです。
上のコンテナ内で実行します。

Hello World

これも上のコンテナ内で実行します。

上のスクリプト群を順番に実行すると、最終的にサーバーのLISTENとクライアントからの呼び出しが実行されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。