A certain engineer "COMPLEX"

Xamarin.iOS at VisualStudio #4 -その他のコントロール その1-

昨日の続き。

Experimentation

1. UISlider

まずは、MonoTouch.UIKit.UISliderを追加します。
これは.NETでいうSystem.Windows.Forms.TrackBarになります。
また、UISliderの現在値を表示するMonoTouch.UIKit.UILabelも一緒に追加します。
これは.NETでいうSystem.Windows.Forms.Labelになります。

ボタンの上にUISliderが追加されました。
あと、
ビルド実行するとこうなります。

スライダーを動かすと、スライダーの位置に応じてラベルの数値が変化します。

2. UIAlertView

次はMonoTouch.UIKit.UITextViewを追加します。
これは.NETでいうSystem.Windows.Forms.MessageBoxです。
iOSの世界ではアラートビューですね。

サンプルを修正します。

ビルドして、ボタンを押下すると、スライダーの値をユーザにアラートビューで通知します。

3. UISwitch

最後はMonoTouch.UIKit.UISwitchを追加します。
これは.NETでいうSystem.Windows.Forms.CheckBoxです。
iOSの世界ではスイッチコントロールですね。
中間値(Indeterminate)は対応しているんでしょうか?

サンプルを修正します。

ビルドするとスイッチコントロールが追加されています。

スイッチを動かすと、ラベルの色が赤に変化します。

Conclusion

今回は、

System.Windows.Forms.Labelに対応するMonoTouch.UIKit.UILabel
System.Windows.Forms.TrackBarに対応するMonoTouch.UIKit.UISlider
System.Windows.Forms.MessageBoxに対応するMonoTouch.UIKit.UIAlertView
System.Windows.Forms.CheckBoxに対応するMonoTouch.UIKit.UISwitch

を使用しました。
あくまで、対応するというのは私の偏見ですが、どういうものに似ているか、という認識は取っつきにくさを解消するための方便だと思います。

まだ、紹介していないコントロールは次回に回します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。