A certain engineer "COMPLEX"

.NETでIBM Bluemixを試してみる 第1回

前回はアカウントを作りました。

お金の心配


無料で利用できると言っても、それは一定の制限の中です。
IBW Bluemixの場合、2016年8月の時点で、http://www.ibm.com/developerworks/jp/bluemix/credit.html によれば、以下の条件なら無料で利用できます。

ランタイムは、IBM 提供のランタイムごとに 1ヶ月 375GB 時間まで無料。
たとえば 512MB の Java アプリ 1 インスタンスを 1ヶ月使用すると、0.5GB x 31日 x 24時間 = 372GB 時間となり、無料枠の範囲内で使用できます。 (IBM以外が提供するランタイムの場合、全ランタイムのGB時間の合計で 375GB 時間まで無料)

とりあえず、お勉強程度なら、そんなメモリを大量に必要とするアプリでもなければ、無料で遊べますよ、ってことです。
流石、IBM、太っ腹です。

初期設定


前回ログインした直後に初期設定を促されたので、それを済ませましょう。

1. 組織の作成。組織名は入力必須。組織名は世界中で一つだけの模様。


シドニー、英国、米国南部しかないです

2. スペースの作成。特に名前は気にする必要はなさそう。


名前は適当

3. 準備完了


YES!!

アプリの用意


初期設定が終わったので、次はアプリの用意をします。

1. 新しくアプリを作成します。「アプリの作成」をクリック


「アプリの作成」をクリック

2. 「WEB」をクリック


「WEB」をクリック

3. 「ASP.NET Core」をクリックし、続行をクリック


「ASP.NET Core」をクリック

4. お好みのアプリ名を入力し、「完了」をクリック。ただし、ここも世界中で唯一のアプリ名である必要があります。


アプリ名を入力

5.ありがちなアプリ名を入力した場合


エラーの意味がわかりにくすぎます

6. 作成に成功した後、Bluemix側で作業中になります。1分くらいがかかります。


ステージング中

7. 「アプリは実行中」に変化しました。


完了

Conclusion


アプリの下地ができあがりました。次こそコーディングを....

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。