A certain engineer "COMPLEX"

開発メモ その99 Bitnami Redmineでthinが停止する場合の原因追及

Introduction


昔自分で書いた記事を忘れていて、Googleで彷徨っていたのでメモ。

ということで原因探し。現象はRedmineにアクセスしても、503 Service Temporarily UnavailableBitNami Redmine StackのManager toolでチェックすると、Thin_redmine、Th...

Bitnami Redmine Stackは非常に便利なので会社でも使っているのですが、バージョンアップの度に、エラーに悩まされるのでビクビクします。
今週も、3.2系から最新の3.4系にアップデートしたのですが、チケット画面に遷移できないという問題を抱えてしまい、泣く泣く戻すことにしました。

で、その際、thinが止まって、Redmineが起動すらしない、という状況に陥りました。

Apache2やRedmineはエラーログを吐いてくれるくせに、thinはエラーログを吐いてくれません。
なので、thinが起動しないときは、コンソールから起動して停止する理由を確認します。

Answer


スタートメニューのBitnami Redmine Stack を使用するからコンソールを立ち上げて、apps\redmine\htdocs まで移動し、コマンドを入力します。


$ cd apps\redmine\htdocs
$ bundle exec thin start -e production
Using rack adapter
Thin web server (v1.2.11 codename Bat-Shit Crazy)
Maximum connections set to 1024
Listening on 0.0.0.0:3000, CTRL+C to stop

上は上手く起動した場合ですが、失敗した場合はエラーログが出力されます。例えば、


Using rack adapter
DL is deprecated, please use Fiddle
C:/BitNami/redmine-3.2.2-0/apps/redmine/htdocs/vendor/bundle/ruby/2.1.0/gems/mysql2-0.4.2-x86-mingw32/lib/mysql2/client.rb:87:in `connect': Can't connect to MySQL server on '127.0.0.1' (10061) (Mysql2::Error)

みたいなエラーが表示されたりします。
原因を解決したら、エラーが出なくなるまで、起動と確認を繰り返します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。