A certain engineer "COMPLEX"

開発メモ その142 Cockpitを使う for Ubuntu and Fedora

Introduction


備忘録。リソース管理をしたいときがある。
また、Dockerコンテナの管理、systemdのサービス管理も魅力的。

Resolution


Ubuntu

インストール


$ sudo apt install cockpit

自動起動と開始


$ sudo systemctl enable cockpit
$ sudo systemctl start cockpit

アクセス

ブラウザから https://<端末のIP>:9090でアクセス

Fedora

Serverの場合はデフォルトでインストールされている模様。
ここではWorkstationの場合です。

インストール


$ sudo yum install cockpit

自動起動と開始


$ sudo systemctl enable cockpit.socket
$ sudo systemctl start cockpit

Firewallへの許可


$ sudo firewall-cmd --add-service=cockpit

アクセス

ブラウザから https://<端末のIP>:9090でアクセス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。